「子どもはイギリスで育てたい! 7つの理由」浅見実花著

公開日:  更新日:

 夫と1歳の双子とともに、家族4人で東京から英国に移住した著者は、異国の地での育児を初めて経験する。そこで見たのは日本とは全く異なる育児環境。本書は、さまざまな差異に直面した著者が、自らの体験から、今の時代に必要な育児や教育を考察した一冊だ。

 英国社会の特徴として挙げているのは「赤ん坊と妊婦双方のストレス緩和が前提にあること」「母親に母親らしさや自己犠牲を求めない姿勢」「離乳食や食事に対するプレッシャーのなさ」「子育てや介護によって仕事をすることが妨げられない環境」「子の自尊感情を育む教育」「あらゆる子の可能性を引き出す仕掛け」「多様性を許容し創造性を尊ぶ考え方」の7つ。

 母親の自己犠牲や同調圧力が当たり前の日本とは正反対の環境で、著者は渡英後、3人目を妊娠した際にも迷うことなく産んでいる。東京では大変だった育児が、なぜ英国ではお気楽になるのか、ひとりの母親の経験を通して日本の育児環境の過酷さが見えてくる。(祥伝社 1400円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る