「子どもはイギリスで育てたい! 7つの理由」浅見実花著

公開日: 更新日:

 夫と1歳の双子とともに、家族4人で東京から英国に移住した著者は、異国の地での育児を初めて経験する。そこで見たのは日本とは全く異なる育児環境。本書は、さまざまな差異に直面した著者が、自らの体験から、今の時代に必要な育児や教育を考察した一冊だ。

 英国社会の特徴として挙げているのは「赤ん坊と妊婦双方のストレス緩和が前提にあること」「母親に母親らしさや自己犠牲を求めない姿勢」「離乳食や食事に対するプレッシャーのなさ」「子育てや介護によって仕事をすることが妨げられない環境」「子の自尊感情を育む教育」「あらゆる子の可能性を引き出す仕掛け」「多様性を許容し創造性を尊ぶ考え方」の7つ。

 母親の自己犠牲や同調圧力が当たり前の日本とは正反対の環境で、著者は渡英後、3人目を妊娠した際にも迷うことなく産んでいる。東京では大変だった育児が、なぜ英国ではお気楽になるのか、ひとりの母親の経験を通して日本の育児環境の過酷さが見えてくる。(祥伝社 1400円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  8. 8

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  9. 9

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る