• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「子どもはイギリスで育てたい! 7つの理由」浅見実花著

 夫と1歳の双子とともに、家族4人で東京から英国に移住した著者は、異国の地での育児を初めて経験する。そこで見たのは日本とは全く異なる育児環境。本書は、さまざまな差異に直面した著者が、自らの体験から、今の時代に必要な育児や教育を考察した一冊だ。

 英国社会の特徴として挙げているのは「赤ん坊と妊婦双方のストレス緩和が前提にあること」「母親に母親らしさや自己犠牲を求めない姿勢」「離乳食や食事に対するプレッシャーのなさ」「子育てや介護によって仕事をすることが妨げられない環境」「子の自尊感情を育む教育」「あらゆる子の可能性を引き出す仕掛け」「多様性を許容し創造性を尊ぶ考え方」の7つ。

 母親の自己犠牲や同調圧力が当たり前の日本とは正反対の環境で、著者は渡英後、3人目を妊娠した際にも迷うことなく産んでいる。東京では大変だった育児が、なぜ英国ではお気楽になるのか、ひとりの母親の経験を通して日本の育児環境の過酷さが見えてくる。(祥伝社 1400円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る