• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「耳がよく聞こえる!ようになる本」中川雅文著

 加齢に伴う難聴の原因のひとつが、85デシベル以上の音を継続的・断続的に繰り返し聞くこと。ヘッドホンで音楽を聞くのはもちろんだが、パチンコ店、マージャン店、カラオケ店の音も85デシベル以上で、難聴を進行させるという。

 年を取れば耳が遠くなるのは仕方がないとあきらめる人も多いが、本書では耳を鍛えて聞こえを良くするための日常生活でできるさまざまな工夫を紹介している。

 例えば、「耳栓ウオーキング」だ。ただ耳栓をつけるだけでなくウオーキングも一緒に行うのがポイントで、耳を休めつつ中耳にあるアブミ骨筋をリズミカルに動かして、耳の中のストレッチのような効果も発揮する。

 10分ほど行えば、耳がスッキリして聞こえが良くなったように感じるはずだ。(河出書房新社 1300円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る