「耳がよく聞こえる!ようになる本」中川雅文著

公開日:  更新日:

 加齢に伴う難聴の原因のひとつが、85デシベル以上の音を継続的・断続的に繰り返し聞くこと。ヘッドホンで音楽を聞くのはもちろんだが、パチンコ店、マージャン店、カラオケ店の音も85デシベル以上で、難聴を進行させるという。

 年を取れば耳が遠くなるのは仕方がないとあきらめる人も多いが、本書では耳を鍛えて聞こえを良くするための日常生活でできるさまざまな工夫を紹介している。

 例えば、「耳栓ウオーキング」だ。ただ耳栓をつけるだけでなくウオーキングも一緒に行うのがポイントで、耳を休めつつ中耳にあるアブミ骨筋をリズミカルに動かして、耳の中のストレッチのような効果も発揮する。

 10分ほど行えば、耳がスッキリして聞こえが良くなったように感じるはずだ。(河出書房新社 1300円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    安室奈美恵と樹木希林…残す言葉から“去り際”を研究する

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    マンション価格は2019年10月の消費増税を機に暴落する

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る