【憲法と民主主義】安保法制を再び問題提起する

公開日:  更新日:

「憲法と民主主義の論じ方」長谷部恭男、杉田敦著

 昨年の安保法制問題で世間に知られた憲法学者と政治学者。長谷部氏はもともと改憲論者ながらも、安倍政権のやり方に真っ向から異を唱えてブレない存在として世間の信頼を集めた。杉田氏は護憲派で原発問題に国民投票を呼びかけるリベラル派。本書はこの両氏の対談である。

 衆院憲法審査会の自民党参考人である長谷部氏が安保法案を「違憲」と断定したときに、明らかに世論の潮目が変わった。それ以来、両氏はしばしばコンビのかたちでメディアにも登場してきた。そして、安保法制推進派は法律の是非は法学者が決めるのではなく政治が決めるのだとする議論を展開。国政の重大事項については司法は判断せず、立法・行政に任せるべきだとする「統治行為論」を展開してきた。

 これに対して長谷部氏は「政権がそう思いたいという単なる希望的観測」と一刀両断。2014年の集団的自衛権容認の閣議決定以後、安保法案を作るために専門家による研究会も審議会も公開で議論していないという異常事態が続いている。これこそは国政の一大事というのである。

(朝日新聞出版 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る