【憲法と民主主義】安保法制を再び問題提起する

公開日: 更新日:

「憲法と民主主義の論じ方」長谷部恭男、杉田敦著

 昨年の安保法制問題で世間に知られた憲法学者と政治学者。長谷部氏はもともと改憲論者ながらも、安倍政権のやり方に真っ向から異を唱えてブレない存在として世間の信頼を集めた。杉田氏は護憲派で原発問題に国民投票を呼びかけるリベラル派。本書はこの両氏の対談である。

 衆院憲法審査会の自民党参考人である長谷部氏が安保法案を「違憲」と断定したときに、明らかに世論の潮目が変わった。それ以来、両氏はしばしばコンビのかたちでメディアにも登場してきた。そして、安保法制推進派は法律の是非は法学者が決めるのではなく政治が決めるのだとする議論を展開。国政の重大事項については司法は判断せず、立法・行政に任せるべきだとする「統治行為論」を展開してきた。

 これに対して長谷部氏は「政権がそう思いたいという単なる希望的観測」と一刀両断。2014年の集団的自衛権容認の閣議決定以後、安保法案を作るために専門家による研究会も審議会も公開で議論していないという異常事態が続いている。これこそは国政の一大事というのである。

(朝日新聞出版 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  3. 3

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  6. 6

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  7. 7

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  8. 8

    情事の明暗 小川アナ夫は資産30億円目減りもアルペンは…

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

もっと見る

人気キーワード