「この君なくば」葉室麟著

公開日:  更新日:

 日向の小藩・伍代藩で私塾「此君堂」を開いていた国学者、鉄斎の娘・栞は、父亡きあと門弟の譲に和歌の指導を続けていた。鉄斎は娘の思いをくみ、栞をいずれ譲の嫁にと考えていたようだが、藩主・忠継の意向で譲は名家の三女由里を嫁に迎える。

 しかし、由里が幼い一人娘を残して早逝。秘めたる思いを胸に、譲に和歌の指導を続ける栞だが、藩内の尊王攘夷派の動きを耳にするにつけ、開国派と思われている譲の身辺を心配する。さらに譲に由里の妹・五十鈴との再婚話が持ち上がっていることを知り、栞の心は乱れる。文久2(1862)年、譲は忠継の密命を受け京に向かう。

 名手が幕末の騒乱を生きる男女の思いを描いた時代長編。(朝日新聞出版 620円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る