• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「エコノミストの昼ごはん」タイラー・コーエン著 浜野志保訳、田中秀臣監訳・解説

 食通として有名な世界的な経済学者である著者が、日々の食に関するこだわりを経済学的な知見を加えて解説した一冊。「スローフードはファストフードに勝る」「巨大アグリビジネスは悪」「イノベーションの源泉として消費者は信頼できず、シェフ、フードライター、文化人などの意見が優れている」などの食にまつわる定説を、経済学的視点から覆していく。

 米国の食文化がダメになった理由についても、食品の供給網が急速かつ徹底的に商業化されたせいだといわれている通説に対して、真の戦犯は政治家や立法者だと指摘。禁酒法、第2次世界大戦、移民政策と米国の食生活の関係性についてひもといていく。

 また、世界中の食を味見してきた経験を踏まえて、具体的においしい食にありつくための手法も指南。ベトナム料理、タイ料理、日本料理、インド料理、パキスタン料理、中華料理、メキシコ料理、家庭料理等々、食を巡る著者の知見がおしげなく披露されている。(作品社 2200円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る