「エコノミストの昼ごはん」タイラー・コーエン著 浜野志保訳、田中秀臣監訳・解説

公開日: 更新日:

 食通として有名な世界的な経済学者である著者が、日々の食に関するこだわりを経済学的な知見を加えて解説した一冊。「スローフードはファストフードに勝る」「巨大アグリビジネスは悪」「イノベーションの源泉として消費者は信頼できず、シェフ、フードライター、文化人などの意見が優れている」などの食にまつわる定説を、経済学的視点から覆していく。

 米国の食文化がダメになった理由についても、食品の供給網が急速かつ徹底的に商業化されたせいだといわれている通説に対して、真の戦犯は政治家や立法者だと指摘。禁酒法、第2次世界大戦、移民政策と米国の食生活の関係性についてひもといていく。

 また、世界中の食を味見してきた経験を踏まえて、具体的においしい食にありつくための手法も指南。ベトナム料理、タイ料理、日本料理、インド料理、パキスタン料理、中華料理、メキシコ料理、家庭料理等々、食を巡る著者の知見がおしげなく披露されている。(作品社 2200円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る