• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ハーメルンの誘拐魔」中山七里著

 記憶障害を起こしている15歳の少女が、病院からの帰り道、母親が目を離した隙に忽然と姿を消した。現場に残されていたのは、少女の生徒証と「ハーメルンの笛吹き男」の絵はがき。

 警視庁捜査1課の犬養隼人と高千穂明日香が捜査を始めた直後、今度は女子高生が行方不明になり、姿を消した場所から彼女の携帯電話と一緒に再び「ハーメルンの笛吹き男」のはがきが発見される。2つの事件の関連性が疑われるなか、さらに子宮頚がんワクチン被害を訴える少女5人がマイクロバスごと消える第3の事件も発生。ついに笛吹き男から、70億円の身代金の要求が製薬会社と産婦人科協会に届く。果たして事件の真相は……。

「さよならドビュッシー」で第8回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した著者の最新作。「切り裂きジャックの告白」「七色の毒」に続く「刑事犬養隼人シリーズ」第3弾の本書は現代の医学界の問題点を視野に入れた刺激的な一冊となっている。(KADOKAWA 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    矢継ぎ早発表もポーズ 安倍政権の被災地支援は中身空っぽ

  3. 3

    股関節痛め広島視察中止…安倍首相に健康不安説また再燃

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    障害年金は支給継続も…非情な政策を傍観した公明党の大罪

  6. 6

    DeNA伊藤光を直撃 トレード1週間で即スタメンマスクの心境

  7. 7

    年俸500万円でDeNAへ 中後が語っていたマイナー時代の苦労

  8. 8

    小沢一郎氏の知恵袋が指摘 安倍政権による「内乱」予備罪

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

もっと見る