「ハーメルンの誘拐魔」中山七里著

公開日: 更新日:

 記憶障害を起こしている15歳の少女が、病院からの帰り道、母親が目を離した隙に忽然と姿を消した。現場に残されていたのは、少女の生徒証と「ハーメルンの笛吹き男」の絵はがき。

 警視庁捜査1課の犬養隼人と高千穂明日香が捜査を始めた直後、今度は女子高生が行方不明になり、姿を消した場所から彼女の携帯電話と一緒に再び「ハーメルンの笛吹き男」のはがきが発見される。2つの事件の関連性が疑われるなか、さらに子宮頚がんワクチン被害を訴える少女5人がマイクロバスごと消える第3の事件も発生。ついに笛吹き男から、70億円の身代金の要求が製薬会社と産婦人科協会に届く。果たして事件の真相は……。

「さよならドビュッシー」で第8回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した著者の最新作。「切り裂きジャックの告白」「七色の毒」に続く「刑事犬養隼人シリーズ」第3弾の本書は現代の医学界の問題点を視野に入れた刺激的な一冊となっている。(KADOKAWA 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  7. 7

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  8. 8

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  9. 9

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  10. 10

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る