日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ハーメルンの誘拐魔」中山七里著

 記憶障害を起こしている15歳の少女が、病院からの帰り道、母親が目を離した隙に忽然と姿を消した。現場に残されていたのは、少女の生徒証と「ハーメルンの笛吹き男」の絵はがき。

 警視庁捜査1課の犬養隼人と高千穂明日香が捜査を始めた直後、今度は女子高生が行方不明になり、姿を消した場所から彼女の携帯電話と一緒に再び「ハーメルンの笛吹き男」のはがきが発見される。2つの事件の関連性が疑われるなか、さらに子宮頚がんワクチン被害を訴える少女5人がマイクロバスごと消える第3の事件も発生。ついに笛吹き男から、70億円の身代金の要求が製薬会社と産婦人科協会に届く。果たして事件の真相は……。

「さよならドビュッシー」で第8回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した著者の最新作。「切り裂きジャックの告白」「七色の毒」に続く「刑事犬養隼人シリーズ」第3弾の本書は現代の医学界の問題点を視野に入れた刺激的な一冊となっている。(KADOKAWA 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事