「女子高生社長、経営を学ぶ」椎木里佳、椎木隆太著

公開日: 更新日:

 中学3年で起業した現役女子高生の著者が、上場会社社長の父親に経営のイロハと人生について会話形式で学ぶビジネステキスト。

 中1のときに、映画や芸能事務所など、やりたいことが多くて、命がいくつあっても足りないと父親に相談したところ、それを全部できるのが起業だと教えられた。経営者になり、仲間と取り組めば全部、実現できるからだ。

 父親に背中を押され、中3のときに学校帰りに法務局に出かけ、会社設立の一歩を踏み出したという。そんな自らの体験を振り返りながら、改めて「人を喜ばせるのは、ビジネスの原点」「出る杭であり続ける勇気を持つ」と、父から学んできた体験的起業・経営哲学を語る。(ダイヤモンド社 1300円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  3. 3

    アベ“断韓”外交で早くも始まった経済損失に日本企業が悲鳴

  4. 4

    前田敦子「同窓会呼ばれず」で露呈 元AKB新旧エースの明暗

  5. 5

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  6. 6

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  9. 9

    2回戦154km星稜・奥川に虎熱視線…懸念される“藤浪の悪夢”

  10. 10

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る