• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「女子高生社長、経営を学ぶ」椎木里佳、椎木隆太著

 中学3年で起業した現役女子高生の著者が、上場会社社長の父親に経営のイロハと人生について会話形式で学ぶビジネステキスト。

 中1のときに、映画や芸能事務所など、やりたいことが多くて、命がいくつあっても足りないと父親に相談したところ、それを全部できるのが起業だと教えられた。経営者になり、仲間と取り組めば全部、実現できるからだ。

 父親に背中を押され、中3のときに学校帰りに法務局に出かけ、会社設立の一歩を踏み出したという。そんな自らの体験を振り返りながら、改めて「人を喜ばせるのは、ビジネスの原点」「出る杭であり続ける勇気を持つ」と、父から学んできた体験的起業・経営哲学を語る。(ダイヤモンド社 1300円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  2. 2

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  3. 3

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  4. 4

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  5. 5

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  6. 6

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  7. 7

    “三選”か“一寸先は闇”となるか…注目は小沢、小泉に船田元

  8. 8

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  9. 9

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  10. 10

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

もっと見る