「マンモスのつくりかた」ベス・シャピロ著、宇丹貴代実訳

公開日: 更新日:

 クローン作製の現状と展望を解説した科学本。

 絶滅種の復活=脱絶滅は、新たな一分野として研究が進んでいる。しかし、絶滅して久しいリョコウバトやマンモスなどのクローン作製は現実的ではないという。その代わりとして、戻し交配やゲノム編集技術を用いて、絶滅種の特徴的な形質を現存種のなかによみがえらせる方法を提唱。絶滅によって失われた種の多様性を取り戻し、生態系を健全に維持するためには、必ずしも絶滅種とまったく同じ種をよみがえらせなくてもよく、必要な形質をもった種を誕生させれば事足りるからだ。しかし、絶滅種と現存種の雑種の居場所をつくるためにはさまざまなリスクもあると、脱絶滅へのロードマップを提示。(筑摩書房 2200円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る