「マンモスのつくりかた」ベス・シャピロ著、宇丹貴代実訳

公開日: 更新日:

 クローン作製の現状と展望を解説した科学本。

 絶滅種の復活=脱絶滅は、新たな一分野として研究が進んでいる。しかし、絶滅して久しいリョコウバトやマンモスなどのクローン作製は現実的ではないという。その代わりとして、戻し交配やゲノム編集技術を用いて、絶滅種の特徴的な形質を現存種のなかによみがえらせる方法を提唱。絶滅によって失われた種の多様性を取り戻し、生態系を健全に維持するためには、必ずしも絶滅種とまったく同じ種をよみがえらせなくてもよく、必要な形質をもった種を誕生させれば事足りるからだ。しかし、絶滅種と現存種の雑種の居場所をつくるためにはさまざまなリスクもあると、脱絶滅へのロードマップを提示。(筑摩書房 2200円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  5. 5

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  6. 6

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  7. 7

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る