「会社という病」江上剛著

公開日:  更新日:

会社に巣食う病と処方箋

 エアバッグ大量リコール、不正会計、杭打ち不正など一流企業で頻発する不祥事。その原因は、社員が疲れているからだと著者は指摘する。好業績に浮かれる経営者は、社員が抱える悩みや不安に気づかず、「もっと働け、もっと稼げ」とけしかける。その答えが偽装や不正なのだと。

 本書は、企業をむしばむさまざまな病気をあぶりだす会社のカルテ。実績ではなく学歴で昇進を決める「人事という病」をはじめ、上司の無能度のバロメーターともいえる「残業という病」、本業からはずれたり、同業者がやっているからという理由だけで手を出すと痛い目を見る「新規事業という病」など。会社に巣食う病とその処方箋を説く。(講談社 880円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    妊娠を“計画”発表…前田敦子「デキ婚」かたくな否定のウラ

もっと見る