• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「会社という病」江上剛著

会社に巣食う病と処方箋

 エアバッグ大量リコール、不正会計、杭打ち不正など一流企業で頻発する不祥事。その原因は、社員が疲れているからだと著者は指摘する。好業績に浮かれる経営者は、社員が抱える悩みや不安に気づかず、「もっと働け、もっと稼げ」とけしかける。その答えが偽装や不正なのだと。

 本書は、企業をむしばむさまざまな病気をあぶりだす会社のカルテ。実績ではなく学歴で昇進を決める「人事という病」をはじめ、上司の無能度のバロメーターともいえる「残業という病」、本業からはずれたり、同業者がやっているからという理由だけで手を出すと痛い目を見る「新規事業という病」など。会社に巣食う病とその処方箋を説く。(講談社 880円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  7. 7

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  8. 8

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

もっと見る