「会社という病」江上剛著

公開日: 更新日:

会社に巣食う病と処方箋

 エアバッグ大量リコール、不正会計、杭打ち不正など一流企業で頻発する不祥事。その原因は、社員が疲れているからだと著者は指摘する。好業績に浮かれる経営者は、社員が抱える悩みや不安に気づかず、「もっと働け、もっと稼げ」とけしかける。その答えが偽装や不正なのだと。

 本書は、企業をむしばむさまざまな病気をあぶりだす会社のカルテ。実績ではなく学歴で昇進を決める「人事という病」をはじめ、上司の無能度のバロメーターともいえる「残業という病」、本業からはずれたり、同業者がやっているからという理由だけで手を出すと痛い目を見る「新規事業という病」など。会社に巣食う病とその処方箋を説く。(講談社 880円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る