• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「一読、十笑、百吸、千字、万歩――医者の流儀」石川恭三著

 臨床循環器学の権威であり、今年80歳になる今なお現役医師として活躍する著者が、老いたからこそ感知できる幸せを見過ごさないための生き方を伝授する。

 ある程度の年齢に達すると、多くの人が「年のせい」という言葉を頻繁に使うようになる。たしかに、加齢に伴い体や健康に不具合が生じることはある。しかし、高齢であることを都合の良い“言い訳”に利用している人も多いと著者は言う。自分でできることは自分でする心構えを崩さず、どうしても他人に助けてもらう必要があれば、感謝の気持ちを忘れてはならない。

 むしろ、高齢であることは特権でも何でもないことを肝に銘じ、長い人生経験を生かして他人のために役立つことを考える。これによって、人生を最後まで豊かに生きることが可能になると説いている。(河出書房新社 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    菅長官が“枚方市”を誤読し大炎上…被災自治体「抗議した」

  3. 3

    9歳女児が下敷きに “違法建築ブロック塀”誰が有罪になる?

  4. 4

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  5. 5

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  6. 6

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  7. 7

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

もっと見る