「メタボ外来のやせる弁当と作りおき」独立行政法人国立病院機構京都医療センター著

公開日: 更新日:

 2001年から「肥満・メタボリックシンドローム外来」を開設している京都医療センター。院内のレストランは、適正エネルギー内でバランスよく、しかも食べ応えのあるメニューを提供することで話題を呼んでいる。その中でも本書では、お弁当や作り置きにもピッタリの、毎日の献立に役立つレシピを紹介している。

 たとえば、「チーズかつ丼献立」。豚もも薄切り肉にマイタケやエリンギ、そしてチーズを包んで揚げることで、ボリューム満点かつヘルシーにいただける。これに、茹でた大根やレンコンなどの根菜と油揚げを麺つゆで和えた副菜、これも根菜たっぷりの味噌汁を合わせれば、栄養バランスは完璧。

 汁物は具だくさんにすることで汁が少なくなる分、塩分カットにも役立つそうだ。(セブン&アイ出版 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    また職員が感染 加藤厚労相は危機管理能力ゼロのポンコツ

  3. 3

    「再感染」が続出 新型コロナは変異、劇症化しているのか

  4. 4

    「つい言い間違えた」発言は日本の官僚機構が瓦解した象徴

  5. 5

    立憲・枝野幸男代表が苦言「今の会見は15分で切っちゃう」

  6. 6

    中居正広がジャニーズ退所…SMAP再結成「99%消えた!」

  7. 7

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

  8. 8

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  9. 9

    元テレ朝・竹内由恵アナもう復帰…大物フリーアナ戦々恐々

  10. 10

    サラリーマンにピッタリ 入門用ベンツAクラスにセダン登場

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る