• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「メタボ外来のやせる弁当と作りおき」独立行政法人国立病院機構京都医療センター著

 2001年から「肥満・メタボリックシンドローム外来」を開設している京都医療センター。院内のレストランは、適正エネルギー内でバランスよく、しかも食べ応えのあるメニューを提供することで話題を呼んでいる。その中でも本書では、お弁当や作り置きにもピッタリの、毎日の献立に役立つレシピを紹介している。

 たとえば、「チーズかつ丼献立」。豚もも薄切り肉にマイタケやエリンギ、そしてチーズを包んで揚げることで、ボリューム満点かつヘルシーにいただける。これに、茹でた大根やレンコンなどの根菜と油揚げを麺つゆで和えた副菜、これも根菜たっぷりの味噌汁を合わせれば、栄養バランスは完璧。

 汁物は具だくさんにすることで汁が少なくなる分、塩分カットにも役立つそうだ。(セブン&アイ出版 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  8. 8

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る