「真田幸村 家康をもっとも追いつめた男」河合敦著

公開日:  更新日:

 絶大な人気を誇る戦国武将・真田幸村だが、確かな記録に基づいてその生涯を描いたら原稿用紙10枚程度で事足りてしまうほどの記録しか残っていないという。彼が歴史上に名をはせたのは、大坂冬の陣から夏の陣までのわずか半年間に過ぎないからだ。

 では、なぜ幸村がこれほど現代人の心を魅了するのか。著者は「その死にざまの見事さに尽きる」という。

 なぜ勝てないとわかっていながら家康の誘いを断り、最後まで豊臣方で戦ったのか、なぜ家康の本陣に絶望的な突撃を繰り返したのか。――慶長20(1615)年5月7日の壮絶な最後の一日をはじめ、真田家の血脈や関ケ原での心理戦など、人間・幸村の素顔を浮き彫りにしながら、その行動原理を読み解く。(小学館 760円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る