• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「真田幸村 家康をもっとも追いつめた男」河合敦著

 絶大な人気を誇る戦国武将・真田幸村だが、確かな記録に基づいてその生涯を描いたら原稿用紙10枚程度で事足りてしまうほどの記録しか残っていないという。彼が歴史上に名をはせたのは、大坂冬の陣から夏の陣までのわずか半年間に過ぎないからだ。

 では、なぜ幸村がこれほど現代人の心を魅了するのか。著者は「その死にざまの見事さに尽きる」という。

 なぜ勝てないとわかっていながら家康の誘いを断り、最後まで豊臣方で戦ったのか、なぜ家康の本陣に絶望的な突撃を繰り返したのか。――慶長20(1615)年5月7日の壮絶な最後の一日をはじめ、真田家の血脈や関ケ原での心理戦など、人間・幸村の素顔を浮き彫りにしながら、その行動原理を読み解く。(小学館 760円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  9. 9

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  10. 10

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

もっと見る