「十津川警部 北陸新幹線殺人事件」西村京太郎著

公開日: 更新日:

 鉄道雑誌の記者・伊東は、開業する北陸新幹線を取材するため徹夜で並んで一番列車の座席を予約する。直後に声をかけてきた男に頼まれ、確保したグリーン車の1Bの席を彼のグランクラスの席と交換する。当日、なぜか1Bは金沢まで空席だった。

 夕方、伊東は一番列車の車内で殺人事件が起きていたことを知る。被害者はグリーン車の1Aの席の客だった。帰京後、伊東の身辺で不可解な出来事が頻発。

 一方、中学生の不審死事件を捜査する刑事の十津川は、被害者が死の前日に伊東と接触していたことを知る。伊東が殺人の起きた新幹線に乗っていたことを知った十津川は2つの事件の関係を疑う。

 新幹線殺人事件が太平洋戦争の闇とつながる旅情ミステリー。(実業之日本社820円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  6. 6

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  7. 7

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  8. 8

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  9. 9

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  10. 10

    一体何が…大坂なおみ“心の支柱”サーシャ氏と決別の衝撃

もっと見る