「十津川警部 北陸新幹線殺人事件」西村京太郎著

公開日:  更新日:

 鉄道雑誌の記者・伊東は、開業する北陸新幹線を取材するため徹夜で並んで一番列車の座席を予約する。直後に声をかけてきた男に頼まれ、確保したグリーン車の1Bの席を彼のグランクラスの席と交換する。当日、なぜか1Bは金沢まで空席だった。

 夕方、伊東は一番列車の車内で殺人事件が起きていたことを知る。被害者はグリーン車の1Aの席の客だった。帰京後、伊東の身辺で不可解な出来事が頻発。

 一方、中学生の不審死事件を捜査する刑事の十津川は、被害者が死の前日に伊東と接触していたことを知る。伊東が殺人の起きた新幹線に乗っていたことを知った十津川は2つの事件の関係を疑う。

 新幹線殺人事件が太平洋戦争の闇とつながる旅情ミステリー。(実業之日本社820円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

もっと見る