• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「十津川警部 北陸新幹線殺人事件」西村京太郎著

 鉄道雑誌の記者・伊東は、開業する北陸新幹線を取材するため徹夜で並んで一番列車の座席を予約する。直後に声をかけてきた男に頼まれ、確保したグリーン車の1Bの席を彼のグランクラスの席と交換する。当日、なぜか1Bは金沢まで空席だった。

 夕方、伊東は一番列車の車内で殺人事件が起きていたことを知る。被害者はグリーン車の1Aの席の客だった。帰京後、伊東の身辺で不可解な出来事が頻発。

 一方、中学生の不審死事件を捜査する刑事の十津川は、被害者が死の前日に伊東と接触していたことを知る。伊東が殺人の起きた新幹線に乗っていたことを知った十津川は2つの事件の関係を疑う。

 新幹線殺人事件が太平洋戦争の闇とつながる旅情ミステリー。(実業之日本社820円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る