「商い同心 千客万来事件帖」梶よう子著

公開日:  更新日:

 北町奉行所同心の神人は、名主との宴席の帰り道、提灯の明かりに引き寄せられ、家で待つ妹の忘れ形見・多代への土産にいなりずし屋に立ち寄る。店の主人は顔のやけど痕を隠すためと、キツネの面をかぶっていた。

 市中にあふれる品物の値の観察や、出版物を取り締まる諸色調掛の神人は、相場よりも安いいなりの値段に驚くが、薄利多売を狙う主人の話に納得する。翌日、味噌醤油問屋川津屋の主人から、隠居した父親が小間物屋から偽のべっ甲の櫛を10両の大金で買わされたと相談事が持ち込まれる。その矢先、別宅で暮らす川津屋の隠居が遺体で見つかる。

 人情や思惑がからみあい、品物の値段から事件の謎を解く新感覚時代小説。(実業之日本社 620円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る