「商い同心 千客万来事件帖」梶よう子著

公開日:  更新日:

 北町奉行所同心の神人は、名主との宴席の帰り道、提灯の明かりに引き寄せられ、家で待つ妹の忘れ形見・多代への土産にいなりずし屋に立ち寄る。店の主人は顔のやけど痕を隠すためと、キツネの面をかぶっていた。

 市中にあふれる品物の値の観察や、出版物を取り締まる諸色調掛の神人は、相場よりも安いいなりの値段に驚くが、薄利多売を狙う主人の話に納得する。翌日、味噌醤油問屋川津屋の主人から、隠居した父親が小間物屋から偽のべっ甲の櫛を10両の大金で買わされたと相談事が持ち込まれる。その矢先、別宅で暮らす川津屋の隠居が遺体で見つかる。

 人情や思惑がからみあい、品物の値段から事件の謎を解く新感覚時代小説。(実業之日本社 620円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る