「ハンター・キラー」T・マーク・マッカーリー中佐、ケヴィン・マウラー著、深澤誉子訳

公開日: 更新日:

 米空軍の遠隔操縦航空機(軍用ドローン)の元パイロットによる手記。

 2003年、非戦闘部隊への配属を迫られた著者は、戦争にじかに貢献したいと戦闘任務「RQ-1プレデター」に異動を志願。しかし、飛行訓練が始まってすぐにパイロットとしての経験が何も役に立たないことを思い知る。パイロットは貨物コンテナを改造した地上誘導ステーション、通称「ボックス」からプレデターを操縦。その室内は電子機器が過熱しないよう常に10度から12度に保たれている。当初、プレデターの任務は偵察と傍受だったが、次第に敵を追跡して倒す対テロ戦争の主役となっていく。

 アルカイダ1000人以上を倒したという著者による現代の戦争の生々しい記録。(KADOKAWA 2100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

もっと見る