「ハンター・キラー」T・マーク・マッカーリー中佐、ケヴィン・マウラー著、深澤誉子訳

公開日:  更新日:

 米空軍の遠隔操縦航空機(軍用ドローン)の元パイロットによる手記。

 2003年、非戦闘部隊への配属を迫られた著者は、戦争にじかに貢献したいと戦闘任務「RQ-1プレデター」に異動を志願。しかし、飛行訓練が始まってすぐにパイロットとしての経験が何も役に立たないことを思い知る。パイロットは貨物コンテナを改造した地上誘導ステーション、通称「ボックス」からプレデターを操縦。その室内は電子機器が過熱しないよう常に10度から12度に保たれている。当初、プレデターの任務は偵察と傍受だったが、次第に敵を追跡して倒す対テロ戦争の主役となっていく。

 アルカイダ1000人以上を倒したという著者による現代の戦争の生々しい記録。(KADOKAWA 2100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る