「ハンター・キラー」T・マーク・マッカーリー中佐、ケヴィン・マウラー著、深澤誉子訳

公開日: 更新日:

 米空軍の遠隔操縦航空機(軍用ドローン)の元パイロットによる手記。

 2003年、非戦闘部隊への配属を迫られた著者は、戦争にじかに貢献したいと戦闘任務「RQ-1プレデター」に異動を志願。しかし、飛行訓練が始まってすぐにパイロットとしての経験が何も役に立たないことを思い知る。パイロットは貨物コンテナを改造した地上誘導ステーション、通称「ボックス」からプレデターを操縦。その室内は電子機器が過熱しないよう常に10度から12度に保たれている。当初、プレデターの任務は偵察と傍受だったが、次第に敵を追跡して倒す対テロ戦争の主役となっていく。

 アルカイダ1000人以上を倒したという著者による現代の戦争の生々しい記録。(KADOKAWA 2100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  5. 5

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  8. 8

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

もっと見る

人気キーワード