「心理療法士ベリマンの孤独」カミラ・グレーベ/オーサ・トレフ著、茅律子訳

公開日:  更新日:

 心理療法士のシリは、大学時代の友人アイーナらとストックホルムで診療所を共同経営。境界性パーソナリティーで自傷癖があるサラや、摂食障害に苦しむシャーロットなどの患者の話に耳を傾けるシリだが、自身も心に深い闇を抱えていた。

 ダイビングのインストラクターだった夫亡き後も2人で暮らした海辺の家に住むシリに、ある日、匿名の封書が届く。中にはシリを盗撮した写真と、「わたしはあなたを見ている」と書かれた手紙が入っていた。シリは、不安を抱きながらも誰にも相談できない。さらに、家の近くでサラの遺体が見つかり、シリは警察から疑いの目を向けられる。スウェーデンの姉妹作家による長編サスペンス。(早川書房 1100円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  4. 4

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

  7. 7

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    掛布氏と岡田氏は会話せず…阪神OB会に漂った微妙な空気

もっと見る