「警視庁鑑識課 アブラムスの夜」北林優著

公開日:  更新日:

 早朝、西新井署管内の萩原公園で焼死体が見つかる。出動した警視庁鑑識課の唯は、現場から4キロも離れた公衆電話から通報があったことに疑問を抱き、所轄署の鑑識を公衆電話に向かわせる。

 遺体は、切り取られたペニスを口にくわえさせられており、殺人事件として捜査が始まる。通報者を見つけだした捜査一課の権堂は、事件を目撃したという男から足が悪い少年がいたと聞き出す。一方で権堂は、鑑識の唯が13年前の未解決事件の関係者だと気づく。そんな中、通報者が見た足の悪い少年の溺死体が学校のプールで見つかる。その背中にはナイフで「アブラムス」の文字が刻まれていた。

 重層的なストーリー展開とリアルな描写で徹夜必至の長編警察小説。(徳間書店 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る