「警視庁鑑識課 アブラムスの夜」北林優著

公開日: 更新日:

 早朝、西新井署管内の萩原公園で焼死体が見つかる。出動した警視庁鑑識課の唯は、現場から4キロも離れた公衆電話から通報があったことに疑問を抱き、所轄署の鑑識を公衆電話に向かわせる。

 遺体は、切り取られたペニスを口にくわえさせられており、殺人事件として捜査が始まる。通報者を見つけだした捜査一課の権堂は、事件を目撃したという男から足が悪い少年がいたと聞き出す。一方で権堂は、鑑識の唯が13年前の未解決事件の関係者だと気づく。そんな中、通報者が見た足の悪い少年の溺死体が学校のプールで見つかる。その背中にはナイフで「アブラムス」の文字が刻まれていた。

 重層的なストーリー展開とリアルな描写で徹夜必至の長編警察小説。(徳間書店 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る