「警視庁鑑識課 アブラムスの夜」北林優著

公開日: 更新日:

 早朝、西新井署管内の萩原公園で焼死体が見つかる。出動した警視庁鑑識課の唯は、現場から4キロも離れた公衆電話から通報があったことに疑問を抱き、所轄署の鑑識を公衆電話に向かわせる。

 遺体は、切り取られたペニスを口にくわえさせられており、殺人事件として捜査が始まる。通報者を見つけだした捜査一課の権堂は、事件を目撃したという男から足が悪い少年がいたと聞き出す。一方で権堂は、鑑識の唯が13年前の未解決事件の関係者だと気づく。そんな中、通報者が見た足の悪い少年の溺死体が学校のプールで見つかる。その背中にはナイフで「アブラムス」の文字が刻まれていた。

 重層的なストーリー展開とリアルな描写で徹夜必至の長編警察小説。(徳間書店 800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る

人気キーワード