「監察医の祈り」上野正彦著

公開日:  更新日:

 監察医時代に5000体を解剖、2万体を検視して死者の声を代弁してきた法医学者が、関係した事件や自殺を例に、命の尊さを説くエッセー。

 事業に失敗して多額の借金を背負ったビジネスマンがビバリーヒルズのホテルで転落死。現地警察と監察医、遺族の依頼で鑑定した日本の法医学者は事故と断定するが、保険会社の依頼で資料を調べた著者は自殺だと見抜く。

 また、火事の焼け跡から母子3人の遺体が見つかった事件では、子供が焼死、母親が出火前に死んでいたことが判明。母親を殺した犯人は証拠隠滅のために死体を焼いてしまおうと考えたようだが、実は頭蓋骨にうっ血が残り絞殺されたことがすぐに分かったという。

 さまざまな死から生を見つめた名著の復刻。(ポプラ社 600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

もっと見る