「監察医の祈り」上野正彦著

公開日: 更新日:

 監察医時代に5000体を解剖、2万体を検視して死者の声を代弁してきた法医学者が、関係した事件や自殺を例に、命の尊さを説くエッセー。

 事業に失敗して多額の借金を背負ったビジネスマンがビバリーヒルズのホテルで転落死。現地警察と監察医、遺族の依頼で鑑定した日本の法医学者は事故と断定するが、保険会社の依頼で資料を調べた著者は自殺だと見抜く。

 また、火事の焼け跡から母子3人の遺体が見つかった事件では、子供が焼死、母親が出火前に死んでいたことが判明。母親を殺した犯人は証拠隠滅のために死体を焼いてしまおうと考えたようだが、実は頭蓋骨にうっ血が残り絞殺されたことがすぐに分かったという。

 さまざまな死から生を見つめた名著の復刻。(ポプラ社 600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る