「監察医の祈り」上野正彦著

公開日:  更新日:

 監察医時代に5000体を解剖、2万体を検視して死者の声を代弁してきた法医学者が、関係した事件や自殺を例に、命の尊さを説くエッセー。

 事業に失敗して多額の借金を背負ったビジネスマンがビバリーヒルズのホテルで転落死。現地警察と監察医、遺族の依頼で鑑定した日本の法医学者は事故と断定するが、保険会社の依頼で資料を調べた著者は自殺だと見抜く。

 また、火事の焼け跡から母子3人の遺体が見つかった事件では、子供が焼死、母親が出火前に死んでいたことが判明。母親を殺した犯人は証拠隠滅のために死体を焼いてしまおうと考えたようだが、実は頭蓋骨にうっ血が残り絞殺されたことがすぐに分かったという。

 さまざまな死から生を見つめた名著の復刻。(ポプラ社 600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る