「世界最強の女帝メルケルの謎」佐藤伸行著

公開日: 更新日:

「欧州の女帝」と称されるドイツ首相アンゲラ・メルケル。旧東ドイツで育ち、物理学者として研究機関で働いていた彼女は、ベルリンの壁消滅直後に政治家に転身。当時の首相のコールの目に留まり、瞬く間に最高権力者の座をつかみ、以来10年、その椅子に座り続けている。

 ギリシャ危機、ウクライナ問題、そしてシリアの難民問題などに直面するたびに、世界をリードしその存在感を見せつけてきたが、本人は演説がうまいわけでもなく、カリスマ性とは無縁である。一方で、政治の師父であるコールには権力の亡者と批判される。

 ベールに包まれた女帝の素顔に迫りながら、彼女が率いるドイツがどこに向かおうとしているのかを考察する。(文藝春秋 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  4. 4

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  5. 5

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  8. 8

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

もっと見る