「世界最強の女帝メルケルの謎」佐藤伸行著

公開日: 更新日:

「欧州の女帝」と称されるドイツ首相アンゲラ・メルケル。旧東ドイツで育ち、物理学者として研究機関で働いていた彼女は、ベルリンの壁消滅直後に政治家に転身。当時の首相のコールの目に留まり、瞬く間に最高権力者の座をつかみ、以来10年、その椅子に座り続けている。

 ギリシャ危機、ウクライナ問題、そしてシリアの難民問題などに直面するたびに、世界をリードしその存在感を見せつけてきたが、本人は演説がうまいわけでもなく、カリスマ性とは無縁である。一方で、政治の師父であるコールには権力の亡者と批判される。

 ベールに包まれた女帝の素顔に迫りながら、彼女が率いるドイツがどこに向かおうとしているのかを考察する。(文藝春秋 780円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「一軒家」逆転で…「イッテQ!」に意外なリストラ候補が

  2. 2

    磯野貴理子は女神か都合のいい女か…男女問題研究家の見解

  3. 3

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  4. 4

    「嫌いな女」10位に広瀬すず “炎上発言”とゴリ押しアダか

  5. 5

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  6. 6

    理由は子どもだけか 磯野貴理子“2度目離婚”芸能記者の見方

  7. 7

    国会議員らの毛髪検査で…発がん性「農薬」検出7割の驚愕

  8. 8

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  9. 9

    米中貿易戦争の加熱で古紙不足 石油危機パニックの再来か

  10. 10

    “バルサ化”神戸の大低迷 元凶は「やはり三木谷会長」の声

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る