「古代倭王の正体」小林惠子著

公開日: 更新日:

 記紀(古事記・日本書紀)と、中国や半島の史書を照らし合わせながら、邪馬台国、そして倭国の実像と興亡を明らかにしていく古代史概説書。

 中国の古い史料によると、紀元前11世紀には倭人といわれる民族が既に存在し、殷の滅亡と周の建国を知って朝貢してきたことが記されている。邪馬台国の所在地を奄美大島とする著者は、周の要求に応じ、倭人が特産の桑の木と蚕を献上したのではないかという。

 奄美大島では現在も大巫女をフミコと呼び、そのフミコが卑弥呼へ転化したと解説。エジプトの太陽神信仰と邪馬台国の関係や、安息国の大夏から南下した休氏とする天皇家のルーツなど。3000年をさかのぼり、周辺国と日本との関係を読み解いていく。(祥伝社 860円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  2. 2

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  5. 5

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  8. 8

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

もっと見る