「古代倭王の正体」小林惠子著

公開日:  更新日:

 記紀(古事記・日本書紀)と、中国や半島の史書を照らし合わせながら、邪馬台国、そして倭国の実像と興亡を明らかにしていく古代史概説書。

 中国の古い史料によると、紀元前11世紀には倭人といわれる民族が既に存在し、殷の滅亡と周の建国を知って朝貢してきたことが記されている。邪馬台国の所在地を奄美大島とする著者は、周の要求に応じ、倭人が特産の桑の木と蚕を献上したのではないかという。

 奄美大島では現在も大巫女をフミコと呼び、そのフミコが卑弥呼へ転化したと解説。エジプトの太陽神信仰と邪馬台国の関係や、安息国の大夏から南下した休氏とする天皇家のルーツなど。3000年をさかのぼり、周辺国と日本との関係を読み解いていく。(祥伝社 860円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

もっと見る