「鳥ってすごい!」樋口広芳著

公開日:  更新日:

 鳥類学の第一人者が知られざる鳥の世界を案内してくれるサイエンス本。

 鳥のすごさは、何といってもその飛行術にある。多くの鳥は時速20~30キロほどで飛ぶが、北海道のハリオアマツバメは最大130キロも出せるという。一方で、もっともゆっくり飛べるアメリカヤマシギは時速8キロだとか。また、ヨーロッパとアフリカ西部を行き来するシロハラアマツバメには繁殖期を除く200日間、休まず飛び続けたという記録がある。水道の栓をひねって水を飲むカラスなど、その知能の秘密から、子育てを他の鳥にまかせるカッコウ類の托卵など。

 鳥が持つ驚くべき能力や生態を紹介しながら、鳥という生きものの生き方を解き明かす。(山と溪谷社 900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  8. 8

    冬巡業も数日間のみ 稀勢の里は1月場所休場ならジ・エンド

  9. 9

    46歳アンナが心配で…引退報道を一蹴した梅宮辰夫の胸の内

  10. 10

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

もっと見る