「鳥ってすごい!」樋口広芳著

公開日: 更新日:

 鳥類学の第一人者が知られざる鳥の世界を案内してくれるサイエンス本。

 鳥のすごさは、何といってもその飛行術にある。多くの鳥は時速20~30キロほどで飛ぶが、北海道のハリオアマツバメは最大130キロも出せるという。一方で、もっともゆっくり飛べるアメリカヤマシギは時速8キロだとか。また、ヨーロッパとアフリカ西部を行き来するシロハラアマツバメには繁殖期を除く200日間、休まず飛び続けたという記録がある。水道の栓をひねって水を飲むカラスなど、その知能の秘密から、子育てを他の鳥にまかせるカッコウ類の托卵など。

 鳥が持つ驚くべき能力や生態を紹介しながら、鳥という生きものの生き方を解き明かす。(山と溪谷社 900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  7. 7

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  8. 8

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    「衆参ダブル論」は安倍首相とその周辺の思考混乱の表れ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る