「鳥ってすごい!」樋口広芳著

公開日:  更新日:

 鳥類学の第一人者が知られざる鳥の世界を案内してくれるサイエンス本。

 鳥のすごさは、何といってもその飛行術にある。多くの鳥は時速20~30キロほどで飛ぶが、北海道のハリオアマツバメは最大130キロも出せるという。一方で、もっともゆっくり飛べるアメリカヤマシギは時速8キロだとか。また、ヨーロッパとアフリカ西部を行き来するシロハラアマツバメには繁殖期を除く200日間、休まず飛び続けたという記録がある。水道の栓をひねって水を飲むカラスなど、その知能の秘密から、子育てを他の鳥にまかせるカッコウ類の托卵など。

 鳥が持つ驚くべき能力や生態を紹介しながら、鳥という生きものの生き方を解き明かす。(山と溪谷社 900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る