「アメリカを歌で知る」ウェルズ恵子著

公開日: 更新日:

 アメリカ人が折々に口ずさんできたフォークソングの歌詞の意味を読み解きながら、その歌が誕生した社会的背景に迫る異色アメリカ史。

 19世紀後半から20世紀初頭、アメリカでは天災が相次いだ。職を求めて各地を渡り歩く「ホーボー」と呼ばれる人々が歌った歌。フォークソングの祖といえるそのホーボーソングであり、国民的な愛唱歌「ザ・ビッグ・ロック・キャンディ・マウンテンズ」にはじまり、ニューフォークソングの父と呼ばれるウッディ・ガスリーの「わが祖国」(邦題)から、1963年のワシントン大行進のシンボルソングともなったボブ・ディランの「風に吹かれて」まで。数々の名曲を取り上げ、国の発展とともに生きた市井の人々の思いを探る。(祥伝社 820円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る