• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「カラスの教科書」松原始著

 身近だが、知らなかったカラスの生態を解説した面白動物エッセー。

 世界で40種ほどいるカラス属の中で日本に分布するのは5種。お馴染みのハシブト、ハシボソに加え、冬鳥として渡ってくるミヤマガラス、コクマルガラス、さらに北海道の知床にしか来ない珍しい神秘の鳥ワタリガラスだ。本書では主にハシブトとハシボソの生態に迫る。

 バカップルがイチャついているようにしか見えない熱愛ぶりや、見間違えてパートナーを縄張りから追い出そうとしてしまった雄のごまかし演技、そしてちゃぶ台をひっくり返すような勢いでヒナの巣立ちをけしかける雄と、その間に入ってとりなす雌など。観察で垣間見た面白エピソードを紹介しながら、その驚くべき生態に迫る。(講談社 720円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る