• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「女剣士」佐江衆一著

 男手一つで育てられた里絵は、一刀流小太刀の使い手に成長。やがて同じ道場に通う誠四郎と相思相愛になり、父を江戸に残し、誠四郎が剣術指南役を務める東北の志津野藩へと嫁ぐ。江戸の女剣客の噂は藩内に広まり、武術好きの藩主が、里絵の技を見たいと言いだす。しかし、里絵は嫁ぎ先の市成家に角が立たぬようやんわりと辞退する。

 そんなある日、里絵は峠で山犬の群れに襲われていた幼子を助ける。再びその小太刀の腕前が噂となり、藩主の意向で藩内の武術指南役総出の演武会が催されることに。席上、他流の指南役が里絵となぎなたの女剣士との真剣試合を提案する。

 女剣士里絵の成長を迫真の剣戟シーンとともに描く長編時代小説。(角川春樹事務所 620円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ベトナムに完封負けも…森保U-21代表は優勝候補の韓国回避

もっと見る