「すごい熱刺激」井本邦昭著

公開日:  更新日:

 湯船で体全体を温めることは、免疫力アップなどの効果をもたらすといわれている。しかし本書が勧めるのは、疾患をもたらす患部に対し、重点的に熱刺激を与える健康法だ。

 各種の疾患は、“熱不足”によって限定部位の体液の流れが滞り、細胞の機能が低下して引き起こされる。熱刺激では、皮膚を急激に熱することで皮膚や筋肉を緊張させ、これによって機能低下した部位を“目覚めさせる”ことが目的だ。

 やり方は簡単で、厚手のタオルを皮膚表面温度より10~20度高い温度に熱し、患部に3~5分押し当てるだけ。

 不眠なら呼吸を深くするため胸を、尿路結石なら泌尿器への神経が集まる尾てい骨の上あたりを温めるなど、疾患ごとの熱刺激の方法も伝授する。(サンマーク出版 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る