「すごい熱刺激」井本邦昭著

公開日: 更新日:

 湯船で体全体を温めることは、免疫力アップなどの効果をもたらすといわれている。しかし本書が勧めるのは、疾患をもたらす患部に対し、重点的に熱刺激を与える健康法だ。

 各種の疾患は、“熱不足”によって限定部位の体液の流れが滞り、細胞の機能が低下して引き起こされる。熱刺激では、皮膚を急激に熱することで皮膚や筋肉を緊張させ、これによって機能低下した部位を“目覚めさせる”ことが目的だ。

 やり方は簡単で、厚手のタオルを皮膚表面温度より10~20度高い温度に熱し、患部に3~5分押し当てるだけ。

 不眠なら呼吸を深くするため胸を、尿路結石なら泌尿器への神経が集まる尾てい骨の上あたりを温めるなど、疾患ごとの熱刺激の方法も伝授する。(サンマーク出版 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  3. 3

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  4. 4

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る