「すごい熱刺激」井本邦昭著

公開日:  更新日:

 湯船で体全体を温めることは、免疫力アップなどの効果をもたらすといわれている。しかし本書が勧めるのは、疾患をもたらす患部に対し、重点的に熱刺激を与える健康法だ。

 各種の疾患は、“熱不足”によって限定部位の体液の流れが滞り、細胞の機能が低下して引き起こされる。熱刺激では、皮膚を急激に熱することで皮膚や筋肉を緊張させ、これによって機能低下した部位を“目覚めさせる”ことが目的だ。

 やり方は簡単で、厚手のタオルを皮膚表面温度より10~20度高い温度に熱し、患部に3~5分押し当てるだけ。

 不眠なら呼吸を深くするため胸を、尿路結石なら泌尿器への神経が集まる尾てい骨の上あたりを温めるなど、疾患ごとの熱刺激の方法も伝授する。(サンマーク出版 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る