「アレルギー医療革命」NHKスペシャル取材班著

公開日: 更新日:

 アレルギー疾患の治療といえば、鼻水やかゆみなどの症状を抑える対症療法がすべてで、アレルギーの原因物質は極力体内に入れない方がよいというのが常識だった。しかし今、あえて原因物質を体内に取り込むことで、アレルギーを“完治”させる新治療に注目が集まっている。

 例えば、子供の食物アレルギー予防には、母親が妊娠中や授乳中からアレルギー食品を避けるよう医師が指導してきた。ところが最近の研究で、アレルギー食品を避けた母親から生まれた子供の方が、アレルギー疾患が多いことが分かってきたという。

 そのカギを握るのは摂取した食べ物ごとに体内で作られる「Tレグ」という免疫物質。各種の最新データや事例をもとに、アレルギー治療の最先端を明らかにする。(文藝春秋 1300円+税)





日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る