「知っておきたい感染症」岡田晴恵著

公開日:  更新日:

 今年オリンピックが開催されるブラジルで、昨年末から急増している小頭症の新生児。その原因は、蚊が媒介するジカ熱であることが明らかにされている。

 高速大量輸送と人口爆発の21世紀は、さまざまな感染症のパンデミック(感染爆発)と隣り合わせだ。本書では、エボラ出血熱や強毒型鳥インフルエンザ、一昨年には日本でも国内感染が起きたデング熱など、さまざまな感染症について詳述している。

 この2~3年で急増し、国内感染者数169人、死亡者数も45人に達している新興感染症が、マダニが媒介する重症熱性血小板減少症候群だ。草原や森などに生息する複数のマダニがウイルスを保有していることが分かっており、患者の発生時期は5~8月に集中している。これからの季節は要注意だ。(筑摩書房 820円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る