「知っておきたい感染症」岡田晴恵著

公開日: 更新日:

 今年オリンピックが開催されるブラジルで、昨年末から急増している小頭症の新生児。その原因は、蚊が媒介するジカ熱であることが明らかにされている。

 高速大量輸送と人口爆発の21世紀は、さまざまな感染症のパンデミック(感染爆発)と隣り合わせだ。本書では、エボラ出血熱や強毒型鳥インフルエンザ、一昨年には日本でも国内感染が起きたデング熱など、さまざまな感染症について詳述している。

 この2~3年で急増し、国内感染者数169人、死亡者数も45人に達している新興感染症が、マダニが媒介する重症熱性血小板減少症候群だ。草原や森などに生息する複数のマダニがウイルスを保有していることが分かっており、患者の発生時期は5~8月に集中している。これからの季節は要注意だ。(筑摩書房 820円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る