• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
佐々涼子
著者のコラム一覧
佐々涼子ノンフィクションライター

1968年生まれ。早稲田大学法学部卒業。2012年「エンジェルフライト 国際霊柩送還士」で第10回集英社・開高健ノンフィクション賞を受賞。最新刊「紙つなげ!彼らが本の紙を造っている」でキノベス1位ほか8冠。

ヒリヒリと感じられるむき出しの「生」

「外道クライマー」宮城公博著

 著者は沢ヤである。沢ヤとは、沢登りに異常なこだわりをもった偏屈な社会不適合者とある。この本は日本一の直瀑・那智の滝を登るシーンから始まっている。なぜ御神体であるこの滝に登っているかといえば、「日本一の滝が未踏のまま残っていたから」なんだそうだ。

 だが、当然のように、下にいる警官や神官からは「下りろ!」と拡声器でがなり立てられ、そして彼らは逮捕の憂き目にあう。

 私がこれを読んだのは、連休のよく晴れた日のことだ。こっちは暗い部屋で真面目に仕事中なのである。しかし著者は、終始ハイテンションで、野蛮なギャグを入れてくる。

 無謀な冒険魂の発露によって逮捕され、しかも、冒険へのこだわりを聞かされても、そこまで興味のない私は、「ごめん! ノリについていけない」と放り出したくなる。だが、そう思ったのも最初だけだ。

 次の章はタイののどかな藪漕ぎから始まるのだが、章が進むにつれて、冒険はとんでもないことになっていく。彼と仲間たちは台湾最強の渓谷チャーカンシー、冬季登攀では前人未踏、落差日本一の称名滝の登攀に挑戦する。

〈大西がトップで登攀を開始した。すると、突如として谷に轟音が鳴り響いた。一瞬で視界が変容する。目の前にいた3人の仲間が消えた。足場にしていた大岩が崩れ、ボーエン、ジャスミン、佐藤の3名が谷底に落ちた〉

〈突如、見上げていた空が真っ白になった。雪崩だ。拳大から人間の頭ぐらいはありそうな雪の塊が、背中とヘルメットに当たり、衝撃が伝わる。「駄目だ、吹っ飛ぶ」〉

 前人未踏の地がいかに難攻不落で、どれほど彼らが無謀で、そして、容易に人を寄せ付けない自然が、何と美しいかがわかってくる。

 登場人物が死にもの狂いで生きようとしないノンフィクションなんて、面白くない。私たちは生身の人間の、むき出しの「生」をヒリヒリと感じたくてノンフィクションを読むのだ。

 面白かった。もし自然がこの人を生かしておいてくれるなら、私は彼の冒険の続きが知りたい。(集英社インターナショナル 1600円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る