「アストロバイオロジー」山岸明彦著

公開日: 更新日:

 アストロバイオロジーとは、地球外のどこかにいるかもしれない生命体についてあらゆる角度から研究する学問。本書は地球外生命の可能性を論じながら、アストロバイオロジーの最前線を紹介するサイエンステキストである。

 生物学者は宇宙人の存在に悲観的だが、天文学者や物理学者は楽観的だという。なぜなら、天の川銀河だけでも1000億個もの星があり、地球に似た惑星はいくらでもあるからだ。では、生命とは何か、どのようなものでできているのか。そして地球以外で探査する場合は、どのような生命を想定しておけばよいのか。生命の定義から起源、そして生命を構成する元素と分子が宇宙でどのようにつくられてきたかなどを解説しながら、地球外で生命が誕生する可能性や探査の方法を解説する。(丸善出版 2800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  2. 2

    ジャニー氏救急搬送で“長男”の役目を放棄したマッチの今後

  3. 3

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

  4. 4

    父と慕ったジャニー氏死去 TOKIOリーダー城島茂はどうなる

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    「主戦場」デザキ監督 右派の一貫性のなさを見せたかった

  7. 7

    G岡本とカープ誠也…悩める4番が球宴で交わした会話の中身

  8. 8

    攻める「新しい地図」 破天荒アイドルBiSHと共演の皮算用

  9. 9

    フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

  10. 10

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る