「アストロバイオロジー」山岸明彦著

公開日:  更新日:

 アストロバイオロジーとは、地球外のどこかにいるかもしれない生命体についてあらゆる角度から研究する学問。本書は地球外生命の可能性を論じながら、アストロバイオロジーの最前線を紹介するサイエンステキストである。

 生物学者は宇宙人の存在に悲観的だが、天文学者や物理学者は楽観的だという。なぜなら、天の川銀河だけでも1000億個もの星があり、地球に似た惑星はいくらでもあるからだ。では、生命とは何か、どのようなものでできているのか。そして地球以外で探査する場合は、どのような生命を想定しておけばよいのか。生命の定義から起源、そして生命を構成する元素と分子が宇宙でどのようにつくられてきたかなどを解説しながら、地球外で生命が誕生する可能性や探査の方法を解説する。(丸善出版 2800円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る