「1日3分!関節アングル整体でゆがみを治す!」松本恒平著

公開日:  更新日:

 あおむけに寝て、立てた膝を左右に倒したとき、倒しにくい側があれば体が歪んでいる証拠。全身に思わぬ悪影響を及ぼしかねない。体の歪みは姿勢の悪さや動作のクセの蓄積で起こるが、実は自分でリセットすることもできる。その方法が、関節にアングル(角度)をつけることで歪みを取り除く「アングル整体」だ。

 例えば、股関節の動きが悪くなると腰椎に歪みが生じ、5個の腰椎それぞれに関わる臓器にも悪影響が及ぶ。もし呼吸器に悩みがあるなら、腰椎の1番を調整してやるとよい。

 その方法は、まっすぐに立って片足を7度程度真横に持ち上げるだけ。消化器や肝臓に働きかけたいなら、腰椎2番を刺激するため片足を14度持ち上げるといった具合だ。1日3分程度、試してみては。(さくら舎 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る