• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「1日3分!関節アングル整体でゆがみを治す!」松本恒平著

 あおむけに寝て、立てた膝を左右に倒したとき、倒しにくい側があれば体が歪んでいる証拠。全身に思わぬ悪影響を及ぼしかねない。体の歪みは姿勢の悪さや動作のクセの蓄積で起こるが、実は自分でリセットすることもできる。その方法が、関節にアングル(角度)をつけることで歪みを取り除く「アングル整体」だ。

 例えば、股関節の動きが悪くなると腰椎に歪みが生じ、5個の腰椎それぞれに関わる臓器にも悪影響が及ぶ。もし呼吸器に悩みがあるなら、腰椎の1番を調整してやるとよい。

 その方法は、まっすぐに立って片足を7度程度真横に持ち上げるだけ。消化器や肝臓に働きかけたいなら、腰椎2番を刺激するため片足を14度持ち上げるといった具合だ。1日3分程度、試してみては。(さくら舎 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

もっと見る