• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「1日3分!関節アングル整体でゆがみを治す!」松本恒平著

 あおむけに寝て、立てた膝を左右に倒したとき、倒しにくい側があれば体が歪んでいる証拠。全身に思わぬ悪影響を及ぼしかねない。体の歪みは姿勢の悪さや動作のクセの蓄積で起こるが、実は自分でリセットすることもできる。その方法が、関節にアングル(角度)をつけることで歪みを取り除く「アングル整体」だ。

 例えば、股関節の動きが悪くなると腰椎に歪みが生じ、5個の腰椎それぞれに関わる臓器にも悪影響が及ぶ。もし呼吸器に悩みがあるなら、腰椎の1番を調整してやるとよい。

 その方法は、まっすぐに立って片足を7度程度真横に持ち上げるだけ。消化器や肝臓に働きかけたいなら、腰椎2番を刺激するため片足を14度持ち上げるといった具合だ。1日3分程度、試してみては。(さくら舎 1400円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  7. 7

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  8. 8

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  9. 9

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  10. 10

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

もっと見る