「前夜 奥右筆外伝」上田秀人著

公開日: 更新日:

 戦国大名武田家の家臣だった立花家は、主家が滅びた後、徳川家に仕え禄を得たが生活は苦しい。家督を受け継いだ併右衛門は、出世の手がかりを掴むために役目を得ようと猟官に奔走。しかし、使える金も限られ、手当たり次第に身上書をまくしか手段がない。

 書道を学んだ母親に手ほどきを受けた併右衛門の身上書が、部下の悪筆に悩む勘定組頭の目に留まり、勘定下役に取り立てられる。やがて、勘定奉行の書付を担当するようになった併右衛門は、表右筆へと出世。無役のときには望むべくもなかった縁談も舞い込み、妻を迎えた。しかし、妻の津弥は幼い娘を残し病死してしまう。(「立花併右衛門の章」)

 人気シリーズ「奥右筆秘帳」の登場人物たちの若き日々を描く連作集。(講談社 640円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  6. 6

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    楽天則本の7年契約にメジャースカウト仲間は肩を落とした

  9. 9

    リオでは45万個配布 東京五輪も“コンドーム戦争”が勃発か

  10. 10

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る