「前夜 奥右筆外伝」上田秀人著

公開日:  更新日:

 戦国大名武田家の家臣だった立花家は、主家が滅びた後、徳川家に仕え禄を得たが生活は苦しい。家督を受け継いだ併右衛門は、出世の手がかりを掴むために役目を得ようと猟官に奔走。しかし、使える金も限られ、手当たり次第に身上書をまくしか手段がない。

 書道を学んだ母親に手ほどきを受けた併右衛門の身上書が、部下の悪筆に悩む勘定組頭の目に留まり、勘定下役に取り立てられる。やがて、勘定奉行の書付を担当するようになった併右衛門は、表右筆へと出世。無役のときには望むべくもなかった縁談も舞い込み、妻を迎えた。しかし、妻の津弥は幼い娘を残し病死してしまう。(「立花併右衛門の章」)

 人気シリーズ「奥右筆秘帳」の登場人物たちの若き日々を描く連作集。(講談社 640円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る