• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「前夜 奥右筆外伝」上田秀人著

 戦国大名武田家の家臣だった立花家は、主家が滅びた後、徳川家に仕え禄を得たが生活は苦しい。家督を受け継いだ併右衛門は、出世の手がかりを掴むために役目を得ようと猟官に奔走。しかし、使える金も限られ、手当たり次第に身上書をまくしか手段がない。

 書道を学んだ母親に手ほどきを受けた併右衛門の身上書が、部下の悪筆に悩む勘定組頭の目に留まり、勘定下役に取り立てられる。やがて、勘定奉行の書付を担当するようになった併右衛門は、表右筆へと出世。無役のときには望むべくもなかった縁談も舞い込み、妻を迎えた。しかし、妻の津弥は幼い娘を残し病死してしまう。(「立花併右衛門の章」)

 人気シリーズ「奥右筆秘帳」の登場人物たちの若き日々を描く連作集。(講談社 640円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  4. 4

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る