「飛鳥Ⅱの身代金」西村京太郎著

公開日:  更新日:

 公安調査庁が飛鳥Ⅱをターゲットにした事件の計画を通信傍受。情報の信ぴょう性は5%だが、念のため警視庁捜査1課の十津川と亀井、さらに十津川の妻・直子が8泊9日の国内クルーズに客を装って乗船し、警備にあたる。神戸を出港した飛鳥Ⅱは宮古に寄港。オプショナルツアーで三陸鉄道北リアス線に乗りに行った乗客ら13人が船に戻れなくなり、次の寄港地・函館で合流することになった。13人には直子も含まれていた。しかし、天候不良で24時間遅れて函館に到着した飛鳥Ⅱは、港に立ち寄らず津軽海峡を日本海に向けて航行。船長によると、船に爆薬を仕掛けた犯人からの指示だという。

 豪華客船を舞台に描く旅情ミステリー。(文藝春秋 820円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る