• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「家族という病2」下重暁子著

 あるべき家族像にとらわれ過ぎて、幸せを見失った日本人の姿を描き出したベストセラーの続編。

 女優の「子供を産まない人生を選んだ」という発言が話題になったが、自身も子供を作らなかった。それは、母の期待を一身に背負って育ったつらい体験から、自分も同じことをするかもしれないと恐れたからだという。善にも悪にもなりうる正体不明のものが家族であり、どうなるかは家族を構成する側にかかっていると説く。

 川崎中1男子殺害事件の被害者の母親へのバッシング、フランス人の目には異様に見える家族のために忍耐する日本人など。日本独特の家族観に疑問を投げかけながら「親の介護を楽しむ極意」など、家族という病を克服し人生を取り戻すヒントを伝授。

(幻冬舎 780円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る