「家族という病2」下重暁子著

公開日:  更新日:

 あるべき家族像にとらわれ過ぎて、幸せを見失った日本人の姿を描き出したベストセラーの続編。

 女優の「子供を産まない人生を選んだ」という発言が話題になったが、自身も子供を作らなかった。それは、母の期待を一身に背負って育ったつらい体験から、自分も同じことをするかもしれないと恐れたからだという。善にも悪にもなりうる正体不明のものが家族であり、どうなるかは家族を構成する側にかかっていると説く。

 川崎中1男子殺害事件の被害者の母親へのバッシング、フランス人の目には異様に見える家族のために忍耐する日本人など。日本独特の家族観に疑問を投げかけながら「親の介護を楽しむ極意」など、家族という病を克服し人生を取り戻すヒントを伝授。

(幻冬舎 780円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る