「家族という病2」下重暁子著

公開日:  更新日:

 あるべき家族像にとらわれ過ぎて、幸せを見失った日本人の姿を描き出したベストセラーの続編。

 女優の「子供を産まない人生を選んだ」という発言が話題になったが、自身も子供を作らなかった。それは、母の期待を一身に背負って育ったつらい体験から、自分も同じことをするかもしれないと恐れたからだという。善にも悪にもなりうる正体不明のものが家族であり、どうなるかは家族を構成する側にかかっていると説く。

 川崎中1男子殺害事件の被害者の母親へのバッシング、フランス人の目には異様に見える家族のために忍耐する日本人など。日本独特の家族観に疑問を投げかけながら「親の介護を楽しむ極意」など、家族という病を克服し人生を取り戻すヒントを伝授。

(幻冬舎 780円+税)




日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る