• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
佐々涼子
著者のコラム一覧
佐々涼子ノンフィクションライター

1968年生まれ。早稲田大学法学部卒業。2012年「エンジェルフライト 国際霊柩送還士」で第10回集英社・開高健ノンフィクション賞を受賞。最新刊「紙つなげ!彼らが本の紙を造っている」でキノベス1位ほか8冠。

神経経済学の最新成果にドキッ

「貨幣の新世界史」カビール・セガール著

 副題に「ハンムラビ法典から」とあるが、貨幣の始まりを探る旅は、人類以前の生物同士の営みを探るべく、ガラパゴス諸島から出発する。生物同士の交換関係を築くことが、生物の生存上有利であることに着目し、ここに貨幣以前の「交換」の始まりを見るのである。

 次にこの本では「貨幣」の存在以前に「債務」があって、それがお金の始まりであるという説を紹介している。たとえば各国のさまざまな贈与経済は、与える、受け取る、お返しをするという3つの義務があり、それが通貨のように機能しているというのだ。ここで世界の珍しい習慣として、日本の義理チョコを挙げている。

 本書の目玉のひとつは、人間の欲を経済学、脳科学、心理学などと合体させた最新の神経経済学の成果が紹介されていること。天気がウエーターへ払うチップの額を左右し、店内に流れる音楽の種類が、客の購入するワインの銘柄に影響を及ぼすというのは納得だが、取引で大きなリスクを取るか否かは、遺伝子によって決定されているかもしれないという発見には、ドキッとする人もいるだろう。 
 また、米国連邦準備制度理事会元議長のアラン・グリーンスパンが「金融に関する意思決定において、投資家はこぞって合理性から逸脱する」と述べた現象については、「将来儲かるかもしれない」という期待で脳が活性化されると、非合理な選択をしてしまうことがあるという脳のメカニズムに迫っている。

 やはり気になるのはお金の未来だ。知り合いには、貨幣経済に見切りをつけ、贈与経済で生きている人もいれば、金(きん)に換えてタンス預金に励む者もいるが、これもまたあり得る未来なのだと本書は教えてくれる。

 本書を読んだら、財布から何げなくつまみ上げる10円玉の向こうに、気の遠くなるような人類の歴史を感じ、電子化が進んで硬貨が消滅した近未来を想像する。これこそ、読書の醍醐味。しばらくレジに立つたびに、この余韻に浸れそうだ。

(早川書房 2100円+税)



日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

もっと見る