「辛夷の花」葉室麟著

公開日: 更新日:

 九州豊前、小竹藩の勘定奉行、澤井家の隣に木暮という武士が引っ越してきた。木暮は、藩主・頼近に気に入られ、郡方から近習に取り立てられたという男だった。

 嫁ぎ先の船曳家で姑にいびられ、出戻った澤井家の長女・志桜里は、いつしか飾らない木暮が気になってくる。そんな折、船曳家から復縁話が持ち上がるがすぐに撤回される。実は志桜里の父・庄兵衛は、頼近の直命で、藩政を仕切る重臣三家の不正の仕組みの解明に取り組んでいた。志桜里の元夫・栄之進は、出世のために三家と澤井家をてんびんにかけているようだ。そんな折、木暮は頼近の密書を携え、江戸に向かう。

 藩政を巡る暗闘に巻き込まれた男女の生きざまを描く時代長編。(徳間書店 1700円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  7. 7

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  10. 10

    ロシア紙さえも“詭弁”と評したプーチン大統領の特異解釈

もっと見る