「死仮面」折原一著

公開日:  更新日:

 雅代の部屋で週末だけ一緒に暮らす内縁の夫・麻里夫が突然死する。遺影に使える写真もなく、雅代は友人に勧められ、人形師の三田村に亡夫の仮面の制作を依頼する。麻里夫が勤務していた学校に連絡すると、そんな名前の教員はいないと告げられる。遺品を調べると麻里夫は身元を証明するものを何も持っていなかった。さらに、雅代は夫の左手が義手だったことを死後、初めて知る。

 身元の手がかりを探す雅代は、小説講座に通っていた麻里夫が残した創作ノートを読み始める。そこには中学3年の主人公が少年連続失踪事件の犯人と思われるマリオネットの仮面の男に立ち向かう物語がつづられていた。

 現実と小説内小説が交錯する徹夜必至の長編ミステリー。(文藝春秋 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る