「青玉の笛 京都市井図絵」澤田ふじ子著

公開日: 更新日:

 女衒頭の七蔵は、仲間と丹波篠山で買い集めた女を連れ、京の北野遊郭へと向かう。道中、僧が七蔵に話しかけてきた。南禅寺の月窓と名乗る僧は、5人いた女たちの1人、お桂が異相をしていると言いだす。彼女は時期がくれば邪悪を退け、多くの人に幸せや益をもたらすはずだと言い、楼主を選んで通常の数倍の30両で引き取ってもらえと言うのだ。半信半疑の七蔵だが月窓は、彼が7歳のときに井戸に落ちたことを言い当てる。

 七蔵は、北野遊郭の冨士屋の楼主・徳右衛門に、月窓の話を正直に明かす。徳右衛門は、代金の代わりに若い客が家から持ち出した茶道具や掛け軸で遊ばせてやる骨董好きで知られていた。(「因果な茶杓」)

 骨董品を巡る人間の業を描いた短編集。(光文社 660円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  9. 9

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る