• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「青玉の笛 京都市井図絵」澤田ふじ子著

 女衒頭の七蔵は、仲間と丹波篠山で買い集めた女を連れ、京の北野遊郭へと向かう。道中、僧が七蔵に話しかけてきた。南禅寺の月窓と名乗る僧は、5人いた女たちの1人、お桂が異相をしていると言いだす。彼女は時期がくれば邪悪を退け、多くの人に幸せや益をもたらすはずだと言い、楼主を選んで通常の数倍の30両で引き取ってもらえと言うのだ。半信半疑の七蔵だが月窓は、彼が7歳のときに井戸に落ちたことを言い当てる。

 七蔵は、北野遊郭の冨士屋の楼主・徳右衛門に、月窓の話を正直に明かす。徳右衛門は、代金の代わりに若い客が家から持ち出した茶道具や掛け軸で遊ばせてやる骨董好きで知られていた。(「因果な茶杓」)

 骨董品を巡る人間の業を描いた短編集。(光文社 660円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  3. 3

    AKB総選挙1位でも 松井珠理奈に課せられる“ヒールの宿命”

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    サザン桑田が涙を流して「RCに負けた」と語った札幌の夜

  7. 7

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  10. 10

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

もっと見る