「大奥の座敷童子」堀川アサコ著

公開日:  更新日:

「美女相撲」で野笛藩一の美人に選ばれた14歳のイチゴ(一期)は、国家老から江戸城の大奥行きを命じられる。何でも50年前に大奥に上がったおなごが、野笛城にすみ着いていた座敷童子を連れて行ってしまったため、以来、福の神を失った藩は莫大な借財を抱えるほど衰退してしまったという。

 大奥から座敷童子を連れ戻すため江戸に到着した日、イチゴは黒装束の一団に襲われるが、現れた伊賀者に助けられる。大奥で公方の側室・お志賀の方の部屋子となったイチゴは、座敷童子を探し始めるが手がかりは見つからない。そんなある日、イチゴは「お年寄」の嵐山にお寺参りの供を命じられる。

 大奥を舞台にした時代ファンタジー。(講談社 660円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る