「大奥の座敷童子」堀川アサコ著

公開日: 更新日:

「美女相撲」で野笛藩一の美人に選ばれた14歳のイチゴ(一期)は、国家老から江戸城の大奥行きを命じられる。何でも50年前に大奥に上がったおなごが、野笛城にすみ着いていた座敷童子を連れて行ってしまったため、以来、福の神を失った藩は莫大な借財を抱えるほど衰退してしまったという。

 大奥から座敷童子を連れ戻すため江戸に到着した日、イチゴは黒装束の一団に襲われるが、現れた伊賀者に助けられる。大奥で公方の側室・お志賀の方の部屋子となったイチゴは、座敷童子を探し始めるが手がかりは見つからない。そんなある日、イチゴは「お年寄」の嵐山にお寺参りの供を命じられる。

 大奥を舞台にした時代ファンタジー。(講談社 660円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  9. 9

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る