日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「大奥の座敷童子」堀川アサコ著

「美女相撲」で野笛藩一の美人に選ばれた14歳のイチゴ(一期)は、国家老から江戸城の大奥行きを命じられる。何でも50年前に大奥に上がったおなごが、野笛城にすみ着いていた座敷童子を連れて行ってしまったため、以来、福の神を失った藩は莫大な借財を抱えるほど衰退してしまったという。

 大奥から座敷童子を連れ戻すため江戸に到着した日、イチゴは黒装束の一団に襲われるが、現れた伊賀者に助けられる。大奥で公方の側室・お志賀の方の部屋子となったイチゴは、座敷童子を探し始めるが手がかりは見つからない。そんなある日、イチゴは「お年寄」の嵐山にお寺参りの供を命じられる。

 大奥を舞台にした時代ファンタジー。(講談社 660円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事