• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「青い記憶」田村優之著

 悪性脳腫瘍と診断された北川は、兵庫の中高一貫校の寮で暮らす15歳の息子・希一に長い手紙を書く。妻の死以来、ぎくしゃくとした関係が続く息子に自分が何を考えて生きてきたか、そして若き日に犯してしまった罪も隠さず書くつもりだ。

 画家を志していた北川は、芸大受験に2度失敗するが、夢があきらめられず、フランスに留学。美術試験予備校に通いながら、美術学校を目指す中、モンマルトルのテルトレ広場で土産物を売っていたオルガと知り合い、やがて2人は愛し合う。2つ年上の彼女は名門大学に通う大学生だった。ある日、北川の隣室に住むガレを紹介されたオルガの表情が変わる。

 現役新聞記者がつづる感動の物語。(ポプラ社 640円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る