「青い記憶」田村優之著

公開日: 更新日:

 悪性脳腫瘍と診断された北川は、兵庫の中高一貫校の寮で暮らす15歳の息子・希一に長い手紙を書く。妻の死以来、ぎくしゃくとした関係が続く息子に自分が何を考えて生きてきたか、そして若き日に犯してしまった罪も隠さず書くつもりだ。

 画家を志していた北川は、芸大受験に2度失敗するが、夢があきらめられず、フランスに留学。美術試験予備校に通いながら、美術学校を目指す中、モンマルトルのテルトレ広場で土産物を売っていたオルガと知り合い、やがて2人は愛し合う。2つ年上の彼女は名門大学に通う大学生だった。ある日、北川の隣室に住むガレを紹介されたオルガの表情が変わる。

 現役新聞記者がつづる感動の物語。(ポプラ社 640円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  3. 3

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  4. 4

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  5. 5

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

  6. 6

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  7. 7

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  8. 8

    公立福生病院の透析中止と麻生氏の弱者に対する罵詈雑言

  9. 9

    我々は“トモダチ”が健康被害で苦しんでいることを知るべき

  10. 10

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

もっと見る