• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「上江洲義秀の解答 『気づき』をあなたに」ラウル イクセンバーグとスピリチュアル研究班編

「蓮の花をイメージすると明想(瞑想)が進みやすいというのは本当ですか」という問いに対して、「泥沼に咲く蓮の花は、悩み苦しみという泥を肥料として大きく美しい花が咲く(悟りを開く)という仏教の教えの象徴である」と答え、「次々に来る試練も喜んで受け入れられるとき、悟りに一歩近づくのではないか」と説く。

 宇宙や人生の謎など誰もが知りたい68の疑問に、十数年間の明想を続け完全覚醒に至ったという上江洲義秀師が答えた光話(講話)集。(青萠堂 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  2. 2

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  6. 6

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  7. 7

    日朝首脳会談 「後退」観測の裏にプーチン大統領の横ヤリ

  8. 8

    東西約300人が在籍 ジャニーズJrは“大人以上に遊んでいる”

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

もっと見る