「上江洲義秀の解答 『気づき』をあなたに」ラウル イクセンバーグとスピリチュアル研究班編

公開日: 更新日:

「蓮の花をイメージすると明想(瞑想)が進みやすいというのは本当ですか」という問いに対して、「泥沼に咲く蓮の花は、悩み苦しみという泥を肥料として大きく美しい花が咲く(悟りを開く)という仏教の教えの象徴である」と答え、「次々に来る試練も喜んで受け入れられるとき、悟りに一歩近づくのではないか」と説く。

 宇宙や人生の謎など誰もが知りたい68の疑問に、十数年間の明想を続け完全覚醒に至ったという上江洲義秀師が答えた光話(講話)集。(青萠堂 1200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  2. 2

    反乱なのか 安倍首相“側近議員”がアベノミクスの成果否定

  3. 3

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  4. 4

    「安倍さんは信用できない」拉致被害者家族の悲痛な叫び

  5. 5

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  6. 6

    離婚で女性の敵に…ビートたけしを待ち受けるイバラの道

  7. 7

    闇営業で吉本解雇 カラテカ入江が語った“男芸者”の極意

  8. 8

    民間会社員と年金額で差 公務員はなぜ恵まれているのか?

  9. 9

    沖縄全戦没者追悼式で怒号 安倍首相の懲りないコピペ演説

  10. 10

    トヨタはモデル平均21万円 大企業の「企業年金」いくら?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る