• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「北極大異変」エドワード・シュトルジック著、園部哲訳

 数十年前まで、北極地域に領土を有するカナダ・米国・ロシア・ノルウェー・デンマークの北極海沿岸5カ国は、北極圏の領有権が不明な地域には関心を示さなかった。

 しかし、温暖化による解氷で船の航行が可能になり、石油やガス、鉱物など眠っていた大量の資源の掘削が可能になり状況が一変。中国や石油メジャー、日本も加わり、資源開発が急速に進み、利害が生じたため、北極を守る条約の制定や事故対策が後回しになってしまった。

 加えて異常気象による災害や生態系の変化、その結果、文化を守れなくなった先住民たちのことなど、北極圏で今、進行している危機を警告するリポート。(集英社インターナショナル 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る