• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「歯から若返る10の最強メソッド」田北行宏著

 見た目を若く保とうとすると、シミやたるみなど肌のケアを気にしがちだ。しかし、実は歯を健康に保てるか否かもアンチエイジングに大きく影響する。

 歯にトラブルがあると、口元のシワやほうれい線、顔全体のたるみにまでつながり、どんなに肌をケアしても見た目が老けてしまう。たとえば、スマホやパソコンに熱中し過ぎると顎を引いて奥歯を噛みしめる動作が続く。食いしばりによって奥歯がすり減ると噛み合わせがずれて口元にシワが寄り、非常に老けた顔になる。

 一方、虫歯や歯周病で歯が弱くなり、硬いものが噛みにくくなるのもよくない。顎の筋肉が退化して口元がたるみ、これも老け顔の原因になる。若さを保ちたいなら、定期的に歯科医を受診し、歯の健康も気遣うべきだ。(ぴあ 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る