日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「歯から若返る10の最強メソッド」田北行宏著

 見た目を若く保とうとすると、シミやたるみなど肌のケアを気にしがちだ。しかし、実は歯を健康に保てるか否かもアンチエイジングに大きく影響する。

 歯にトラブルがあると、口元のシワやほうれい線、顔全体のたるみにまでつながり、どんなに肌をケアしても見た目が老けてしまう。たとえば、スマホやパソコンに熱中し過ぎると顎を引いて奥歯を噛みしめる動作が続く。食いしばりによって奥歯がすり減ると噛み合わせがずれて口元にシワが寄り、非常に老けた顔になる。

 一方、虫歯や歯周病で歯が弱くなり、硬いものが噛みにくくなるのもよくない。顎の筋肉が退化して口元がたるみ、これも老け顔の原因になる。若さを保ちたいなら、定期的に歯科医を受診し、歯の健康も気遣うべきだ。(ぴあ 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事