「歯から若返る10の最強メソッド」田北行宏著

公開日:  更新日:

 見た目を若く保とうとすると、シミやたるみなど肌のケアを気にしがちだ。しかし、実は歯を健康に保てるか否かもアンチエイジングに大きく影響する。

 歯にトラブルがあると、口元のシワやほうれい線、顔全体のたるみにまでつながり、どんなに肌をケアしても見た目が老けてしまう。たとえば、スマホやパソコンに熱中し過ぎると顎を引いて奥歯を噛みしめる動作が続く。食いしばりによって奥歯がすり減ると噛み合わせがずれて口元にシワが寄り、非常に老けた顔になる。

 一方、虫歯や歯周病で歯が弱くなり、硬いものが噛みにくくなるのもよくない。顎の筋肉が退化して口元がたるみ、これも老け顔の原因になる。若さを保ちたいなら、定期的に歯科医を受診し、歯の健康も気遣うべきだ。(ぴあ 1300円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る