• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「不合理な地球人」ハワード・S・ダンフォード著

「ルーレットで連続して赤ばかり出たら、次こそ黒が出ると思うのはなぜか」「楽しみにしていた飲み会なのに、なぜ出かける間際になると出席がおっくうになるのか」――誰にも覚えがあるこうした疑問に答えながら、行動経済学のエッセンスを伝えるテキスト。

 従来の伝統的経済学では、あらゆる情報を入手して完璧に処理し、最も有利な選択をする合理的人間像が前提だった。しかし、自分たちの日常を振り返れば分かる通り、人間は限定的にしか合理的になれない。

 冒頭に挙げたような身近な話題を例に、この「限定合理性」を特徴とする人間が、どのように意思決定し、どのようなミスを犯すのかを理論的に解説してくれる目からウロコ本。(筑摩書房 860円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  4. 4

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る