「不合理な地球人」ハワード・S・ダンフォード著

公開日:  更新日:

「ルーレットで連続して赤ばかり出たら、次こそ黒が出ると思うのはなぜか」「楽しみにしていた飲み会なのに、なぜ出かける間際になると出席がおっくうになるのか」――誰にも覚えがあるこうした疑問に答えながら、行動経済学のエッセンスを伝えるテキスト。

 従来の伝統的経済学では、あらゆる情報を入手して完璧に処理し、最も有利な選択をする合理的人間像が前提だった。しかし、自分たちの日常を振り返れば分かる通り、人間は限定的にしか合理的になれない。

 冒頭に挙げたような身近な話題を例に、この「限定合理性」を特徴とする人間が、どのように意思決定し、どのようなミスを犯すのかを理論的に解説してくれる目からウロコ本。(筑摩書房 860円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  4. 4

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  5. 5

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

もっと見る