• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「夜をぶっとばせ」井上荒野著

 35歳のたまきは、19年ぶりの同窓会で再会した中学校時代の親友・瑤子に誘われ、パソコンを入手。売れないカメラマンの夫・雅彦との暮らしは行き詰まり、2人の子供も心の問題を抱えている状況に耐えられなくなったたまきは、ある夜、ネットのメル友募集の掲示板に「35歳。主婦。水瓶座。いいことがひとつもありません。誰か助けに来てください」と書き込む。

 翌日、夫が出かけたあとにパソコンを開くと137通のメールが届いていた。以来、たまきは見知らぬ男たちと会っては体を重ねるが相変わらず心は満たされない。(「表題作」)

 雅彦の視点から描いた「チャカチョンバへの道」を併録した連作恋愛小説。(朝日新聞出版 540円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  5. 5

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  6. 6

    佐喜真氏はなぜ沖縄県知事選で日本会議との関係を隠すのか

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    ツアーを長く支えた主催者との良好関係を小林会長ブチ壊し

  9. 9

    手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

  10. 10

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

もっと見る