「スイッチを押すとき」山田悠介著

公開日:  更新日:

 2030年、洋平は八王子の施設から横浜センターへ異動になる。30年前、増加する若年層の自殺に対応するため国は、選出された子供を高ストレス環境に置き、その精神構造を解明するプロジェクトを立ち上げる。

 無作為に選ばれた子供たちは5歳のときに心臓に装置を埋め込まれ、10歳で親と隔離。施設に収容された子供たちには、押すと心臓が停止するスイッチを持たせ、共同生活下に置くのだ。その施設の監視員を務める洋平は、横浜センターには最長ともいえる7年間も耐えて生き延びた4人が暮らしていると知り、驚く。洋平は彼らの力になりたいと同僚の目を盗み、個人的に接触を図る。

 中高生に支持されるカリスマ作家による感動作。(河出書房新社 600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る