「スイッチを押すとき」山田悠介著

公開日:  更新日:

 2030年、洋平は八王子の施設から横浜センターへ異動になる。30年前、増加する若年層の自殺に対応するため国は、選出された子供を高ストレス環境に置き、その精神構造を解明するプロジェクトを立ち上げる。

 無作為に選ばれた子供たちは5歳のときに心臓に装置を埋め込まれ、10歳で親と隔離。施設に収容された子供たちには、押すと心臓が停止するスイッチを持たせ、共同生活下に置くのだ。その施設の監視員を務める洋平は、横浜センターには最長ともいえる7年間も耐えて生き延びた4人が暮らしていると知り、驚く。洋平は彼らの力になりたいと同僚の目を盗み、個人的に接触を図る。

 中高生に支持されるカリスマ作家による感動作。(河出書房新社 600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る