「日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない」湯山玲子、二村ヒトシ著

公開日:  更新日:

 草食化が進み、童貞率は上昇、夫婦間のセックスレスも常態化した日本。著述家とAV監督がそんな日本人の変質する性意識を読み解きながら、豊かな性を楽しむための方法を論じ合った対談集。

 セックスに不可欠な男の支配性や暴力性に嫌悪感を抱き始めた男性の出現など、セックスから逃走ぎみの現代人の状況を分析。一方で「本当の快楽には男性性も女性性もない。それぞれが雄性と雌性の両方を有していてそれが自在に入れ替わるというのが一番エロイではないか。セックスに可能性が残っているとしたら、それだろうと考えています」(二村氏)と、男女の役割を手放すことで得る快感など、性の奥深さと複雑さを見つめながら、大胆に語りつくす。(幻冬舎 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る