「日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない」湯山玲子、二村ヒトシ著

公開日:  更新日:

 草食化が進み、童貞率は上昇、夫婦間のセックスレスも常態化した日本。著述家とAV監督がそんな日本人の変質する性意識を読み解きながら、豊かな性を楽しむための方法を論じ合った対談集。

 セックスに不可欠な男の支配性や暴力性に嫌悪感を抱き始めた男性の出現など、セックスから逃走ぎみの現代人の状況を分析。一方で「本当の快楽には男性性も女性性もない。それぞれが雄性と雌性の両方を有していてそれが自在に入れ替わるというのが一番エロイではないか。セックスに可能性が残っているとしたら、それだろうと考えています」(二村氏)と、男女の役割を手放すことで得る快感など、性の奥深さと複雑さを見つめながら、大胆に語りつくす。(幻冬舎 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る