「日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない」湯山玲子、二村ヒトシ著

公開日: 更新日:

 草食化が進み、童貞率は上昇、夫婦間のセックスレスも常態化した日本。著述家とAV監督がそんな日本人の変質する性意識を読み解きながら、豊かな性を楽しむための方法を論じ合った対談集。

 セックスに不可欠な男の支配性や暴力性に嫌悪感を抱き始めた男性の出現など、セックスから逃走ぎみの現代人の状況を分析。一方で「本当の快楽には男性性も女性性もない。それぞれが雄性と雌性の両方を有していてそれが自在に入れ替わるというのが一番エロイではないか。セックスに可能性が残っているとしたら、それだろうと考えています」(二村氏)と、男女の役割を手放すことで得る快感など、性の奥深さと複雑さを見つめながら、大胆に語りつくす。(幻冬舎 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  4. 4

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    フジ女子アナにステマ疑惑…花形職業の凋落で自覚マヒか?

  10. 10

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

もっと見る

人気キーワード