「竜と流木」篠田節子著

公開日: 更新日:

 米国人の父と日本人の母を持つジョージは、軍人だった父に連れられて休暇を過ごしたミクロネシアの小島の泉に生息する不思議な両生類「ウアブ」に魅せられる。

 長じて、日本で外国語教師をしながらウアブの研究を続けるジョージは、生息地の泉が開発されることを知り、保護するため隣島のリゾート施設の人工池にウアブを放す。一時は大量死して、保護は失敗したかに思われたが、その後、繁殖の成功が分かり、安堵する。しかし、順調に増えていたウアブが再び姿を消し始める。同時にリゾート内で猛毒トカゲによる被害が続出。ジョージはウアブを餌にしたトカゲの異常繁殖を疑う。トカゲはやがて島民らを襲い始める。

 名手が描く生物パニックミステリー。(講談社 1600円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  7. 7

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る