「昭和の歌藝人」三波春夫 三波美夕紀著

公開日: 更新日:

東京五輪音頭」(1963年)や万博のテーマソング「世界の国からこんにちは」(1967年)などを歌い、国民歌手と呼ばれた三波春夫の評伝。

 三波春夫は大正12年、新潟県で生誕。7歳で母を亡くした後、父親の借金が原因で逃げるように一家で上京。13歳から家計を助けるため働き始めるが、浪曲好きが高じ、仕事の傍ら浪曲学校に通い始める。興行師でもあった校長に100年に一度の声の持ち主と認められ17歳で座長となり巡業の舞台に立つが、客が入らず、研鑽の日々が続いたという。

 戦争やシベリア抑留などを経て国民歌手となっていく姿をマネジャーとして晩年を支えた娘が、その素顔とともに伝える。(さくら舎 1500円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

  7. 7

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  10. 10

    眞子さまと小室さん描くシナリオ 弁護士合格で年内結婚?

もっと見る

人気キーワード