中国経済はバブルリレーのアンカー(最終走者)なのか?

公開日:  更新日:

「中国経済はどこまで崩壊するのか」安達誠司著

 急減速の中国経済。世界が身構える中、先行きは読めるか――。

 5年前、中国の急成長の勢いに世界が目を見張っていたさなか、証券系アナリストの著者は新興国ブームの終わりを予想し、「中国経済ピークアウト論」を主張した。それに対しては学界からも悲観的すぎるのではないかと指摘されたが、その後の展開は著者の予測が正しかったことを裏づけている。なぜ予測できたのか。

 第1は1980年代以降、経済では世界のどこかでバブルが発生しては崩壊し、別の地でまたバブルになっては崩壊し、という「バブルリレー」を続けていること。第2に、金融機関の融資を政府がコントロールできる共産主義中国では「痛みをともなう」バブルの処理ができず、過去の不良債権を未来に先送りすることが恒常化している可能性があることだ。

 果たして中国はバブルリレーの「アンカー(最終走者)」なのか、それともどこか次の走者(国)にバトンを渡すのか。中国が問題の抜本的解決に失敗して資本が海外に流出し続ければバブルリレーは豪州、カナダ、ノルウェーといった「資源国の不動産」にバトンタッチされるだろうと著者は読んでいる。(PHP研究所 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る