中国経済はバブルリレーのアンカー(最終走者)なのか?

公開日:  更新日:

「中国経済はどこまで崩壊するのか」安達誠司著

 急減速の中国経済。世界が身構える中、先行きは読めるか――。

 5年前、中国の急成長の勢いに世界が目を見張っていたさなか、証券系アナリストの著者は新興国ブームの終わりを予想し、「中国経済ピークアウト論」を主張した。それに対しては学界からも悲観的すぎるのではないかと指摘されたが、その後の展開は著者の予測が正しかったことを裏づけている。なぜ予測できたのか。

 第1は1980年代以降、経済では世界のどこかでバブルが発生しては崩壊し、別の地でまたバブルになっては崩壊し、という「バブルリレー」を続けていること。第2に、金融機関の融資を政府がコントロールできる共産主義中国では「痛みをともなう」バブルの処理ができず、過去の不良債権を未来に先送りすることが恒常化している可能性があることだ。

 果たして中国はバブルリレーの「アンカー(最終走者)」なのか、それともどこか次の走者(国)にバトンを渡すのか。中国が問題の抜本的解決に失敗して資本が海外に流出し続ければバブルリレーは豪州、カナダ、ノルウェーといった「資源国の不動産」にバトンタッチされるだろうと著者は読んでいる。(PHP研究所 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る