中国経済はバブルリレーのアンカー(最終走者)なのか?

公開日: 更新日:

「中国経済はどこまで崩壊するのか」安達誠司著

 急減速の中国経済。世界が身構える中、先行きは読めるか――。

 5年前、中国の急成長の勢いに世界が目を見張っていたさなか、証券系アナリストの著者は新興国ブームの終わりを予想し、「中国経済ピークアウト論」を主張した。それに対しては学界からも悲観的すぎるのではないかと指摘されたが、その後の展開は著者の予測が正しかったことを裏づけている。なぜ予測できたのか。

 第1は1980年代以降、経済では世界のどこかでバブルが発生しては崩壊し、別の地でまたバブルになっては崩壊し、という「バブルリレー」を続けていること。第2に、金融機関の融資を政府がコントロールできる共産主義中国では「痛みをともなう」バブルの処理ができず、過去の不良債権を未来に先送りすることが恒常化している可能性があることだ。

 果たして中国はバブルリレーの「アンカー(最終走者)」なのか、それともどこか次の走者(国)にバトンを渡すのか。中国が問題の抜本的解決に失敗して資本が海外に流出し続ければバブルリレーは豪州、カナダ、ノルウェーといった「資源国の不動産」にバトンタッチされるだろうと著者は読んでいる。(PHP研究所 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  4. 4

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  8. 8

    今更札幌って…マラソン前代未聞の開催地変更案で世界の恥

  9. 9

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  10. 10

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る