• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中国経済はバブルリレーのアンカー(最終走者)なのか?

「中国経済はどこまで崩壊するのか」安達誠司著

 急減速の中国経済。世界が身構える中、先行きは読めるか――。

 5年前、中国の急成長の勢いに世界が目を見張っていたさなか、証券系アナリストの著者は新興国ブームの終わりを予想し、「中国経済ピークアウト論」を主張した。それに対しては学界からも悲観的すぎるのではないかと指摘されたが、その後の展開は著者の予測が正しかったことを裏づけている。なぜ予測できたのか。

 第1は1980年代以降、経済では世界のどこかでバブルが発生しては崩壊し、別の地でまたバブルになっては崩壊し、という「バブルリレー」を続けていること。第2に、金融機関の融資を政府がコントロールできる共産主義中国では「痛みをともなう」バブルの処理ができず、過去の不良債権を未来に先送りすることが恒常化している可能性があることだ。

 果たして中国はバブルリレーの「アンカー(最終走者)」なのか、それともどこか次の走者(国)にバトンを渡すのか。中国が問題の抜本的解決に失敗して資本が海外に流出し続ければバブルリレーは豪州、カナダ、ノルウェーといった「資源国の不動産」にバトンタッチされるだろうと著者は読んでいる。(PHP研究所 760円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る