「ソニー盛田昭夫」森健二著

公開日: 更新日:

 ソニーを世界企業に育てた共同創業者の盛田昭夫氏の経営哲学と方法論を分析しながら、同社の成功と凋落の歴史をたどる企業物語。

 アップルのスティーブ・ジョブズは、盛田を崇拝してやまず、盛田亡き後は経営に失敗したソニーを反面教師として学んでいたという。そんな2人のエピソードを紹介しながら、ソニーの経営のエッセンスは盛田が「コンビンシング・パワー」と呼んだ「説得力」にあると解説。

 究極のセールスマンにしてプロダクト・プランナーだった氏の足跡をたどり、技術や製品開発だけではなく経営のあらゆる面でイノベーションを実現してきた企業ソニーとは「何であったのか」を明らかにしていく。(ダイヤモンド社 2200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  7. 7

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る