• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ソニー盛田昭夫」森健二著

 ソニーを世界企業に育てた共同創業者の盛田昭夫氏の経営哲学と方法論を分析しながら、同社の成功と凋落の歴史をたどる企業物語。

 アップルのスティーブ・ジョブズは、盛田を崇拝してやまず、盛田亡き後は経営に失敗したソニーを反面教師として学んでいたという。そんな2人のエピソードを紹介しながら、ソニーの経営のエッセンスは盛田が「コンビンシング・パワー」と呼んだ「説得力」にあると解説。

 究極のセールスマンにしてプロダクト・プランナーだった氏の足跡をたどり、技術や製品開発だけではなく経営のあらゆる面でイノベーションを実現してきた企業ソニーとは「何であったのか」を明らかにしていく。(ダイヤモンド社 2200円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    池谷幸雄氏が激白 塚原夫妻“権力の実態”と体操協会の暗部

  10. 10

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

もっと見る